htmlリファレンス

cssでテーブルの枠の変更やリストタイプの変更など、様々な指定ができますので
このhtmlリファレンスはcssを使用する事を前提とし、最小限に抑えたタグのみを掲載します。

文章

●改行
<br>

●段落
<p>文章</p>

●汎用的なタグ(タグ自体に意味はありません。cssで別途、指令を出します)
<span>文章を赤くする等…</span>

●強調
<strong>強調する文字デフォルトでは太文字に</strong>

●見出し
<h1>見出し1</h1> ⇒以降、<h6>見出し6</h6>まで使用可能

リンク(A)

●リンクを貼る
<a href="リンク先URL">リンク先名</a>

●リンクを貼る(新しいウィンドウに表示)
<a href="リンク先URL" target="blank">リンク先名</a>

●アンカー名を付ける
<a name="アンカー名">任意文字・画像</a>

●ページ内の指定箇所(アンカー)にリンク
<a href="#アンカー名">アンカーへ移動</a>

●別ページの指定箇所(アンカー)にリンク
<a href="リンク先URL#アンカー名">別ページのアンカーへ移動</a>

画像

<img src="フォルダ名/ファイル名" width="横幅" height="縦幅" alt="画像説明">

テーブル

●ソース
<table>
<tr>
<th colspan="3">テーブル</th>
</tr>
<tr>
<td>1</td><td>2</td><td rowspan="2">縦</td>
</tr>
<tr>
<td>3</td><td>4</td>
</tr>
</table>
●表示例
テーブル
●意味
<tr></tr>…行(横)
<th></th>…Table Header/表の見出し
<td></td>…Table Date/表のデータ
<〜colspan="x">…セルの結合(横)
<〜rowspan="x">…セルの結合(縦)

リスト

●ソース
<ul>
<li>リスト1</li>
<li>リスト2</li>
</ul>
<ol>
<li>番号リスト1</li>
<li>番号リスト2</li>
</ol>
●表示例
  • リスト1
  • リスト2
  1. 番号リスト1
  2. 番号リスト2
●意味
<ul></ul>…リスト
<ol></ol>…番号順リスト
<li></li>…リスト項目

css(スタイルシート)へ

フォントのサイズや色を変更、テーブルのボーダーを変更…
など様々な指令を出すcssタグ一覧