制作の注意点用意するもの書いてみる宣言についてタグの挿入レイアウト・装飾

タグを使って記事を書く

記事として考える

通常、ホームページはキレイにレイアウトされていて視覚的には『記事』というより『広告』や『CM』に近い感覚にとらわれます。
しかし、あくまでレイアウトされたもので、原本は新聞の記事に近いです。
それはタイトルがあり、見出しがあり、小見出しがあり、詳細文章があり…
ここでは、それらの『基本的な』タグをご紹介します。
もう少し詳しいタグの説明はこちら⇒htmlタグ一覧

見出し<hx>

ホームページ作成にはタイトルの次に見出しというものがあります。
見出しは1〜6の6段階にわかれ、<h1>〜<h6>となります。

ソース
<h1>見出し1</h1>
<h2>見出し2</h2>
結果
見出し1
見出し2

段落<p>

Paragraphの略で、段落の意味です。
通常の文章を書くのと同じように、段落として使用してください。
効果はわかりにくいですが、段落と段落の間に一行分の空白ができます。

ソース
<p>この文章は一段落目です。HTMLのタグ、pについての説明をしています。その他基本タグ以外の説明は別ページで行っています。</p>
<p>次のページでは、HTMLで書いた記事にレイアウトを施して、見栄えを整えていきます。理想のホームページ作成まであと少しです、がんばっていきましょう。</p>
結果

この文章は一段落目です。HTMLのタグ、pについての説明をしています。その他基本タグ以外の説明は別ページで行っています。

次章では、HTMLで書いた記事にレイアウトを施して、見栄えを整えていきます。理想のホームページ作成まであと少しです、がんばっていきましょう。

改行<br>

改行を行います。タグはくくらず、単体で意味を成します。
使用箇所は文の末尾です。
<br>

ソース
文章がおわりました。<br>
次の文章です。<br>
その次の文章です。
結果
文章がおわりました。
次の文章です。
その次の文章です。

リンク<a href="sample.html">

クリックした際に、ページ(URL)の移動(サイト内・外)を実行するタグです。

ソース
<a href="html04.html">前のページへ戻る</a>
結果

事項は続きです⇒タグを使って記事を書く[2]